消費者金融の在籍確認審査、その内容とは?

消費者金融でお金を借りると在籍確認審査が必ずあります。
消費者金融の貸付はカードローンを筆頭にして無担保融資です。

そのため、返済原資として消費者金融が当てにできるのは、利用者の給与収入だけなのです。ただし申込書に書かれた勤務先が虚偽であり、実際に勤務していないとお金を貸しても返済はできません。

これでは困るため、申込書に書かれた勤務先に本当に勤めているかを確認するのです。

これを在籍確認審査といいます。

この方法として一番確実な方法は、職場に電話をして本人が電話に出るか確認する方法です。本人が出れば働いていると確認できますから確実に審査できます。

しかし、職場に消費者金融から電話があると、上司などから「お金に困っているのか?」と言われます。また、最近は私用電話を一切取り次がない会社も存在します。要するに在籍確認の電話がやり難くなっているのです。

とはいえ、一番確実な方法なので多くの金融機関は依然として実施していますが、消費者金融の中には、別の方法で在籍確認審査をしているケースがあります。

この場合、書面で在籍確認審査をすることになりますが、どの書面を使うかが問題になります。

多くの場合、健康保険証の提示を求められています。

健康保険証は、入社とともに交付を受け、退職とともに取り上げられます。もし、退職後も返納しないと官報などに公示されます。

また、健康保険証だけでは偽造の可能性が否定できないため、給与明細を何か月か提出させるケースもあります。源泉徴収票より確実に現状の収入がわかるため、精度の高い審査が可能になるメリットもあります。

このように必ずしも職場への電話連絡だけが在籍確認審査ではないのです。