在籍確認の電話なしで融資するメリットは?

消費者金融に限りませんが、無担保融資をする際には職場への在籍確認の電話は欠かせません。

これは、無担保融資の返済原資はその人の給与収入しかなく、返済原資が確保できているかどうかの確認は必須だからです。

しかし、職場へ消費者金融から電話があったということになると、どうしても上司や同僚の視線が厳しくなります。会社によっては従業員の私生活にも口を出すようなケースがあるため、バレるとかなりややこしいことになります。

そのため、職場への在籍確認は非常に評判が悪いのですが、先ほど説明したような理由もあり、消費者金融などはこれをやめることができません。

とはいえ、大手消費者金融を中心にして、ある程度の信用ができる相手であれば嫌われることがわかっている在籍確認を省略することを検討している例も少なくありません。

例えば、モビットの「WEB完結」は、健康保険証の提示と、引落銀行を三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に指定することを条件にして在籍確認どころか電話確認をすべて省略してしまいます。

このような申込方法は利用者にとって大歓迎ですが、単に職場に電話確認がないだけではなく、電話確認の時間が省略されることで契約までの時間が短縮されることが挙げられます。

健康保険証などはスマホで撮影してアップロードすればよく、時間はかかりません。

即日融資を望む人であれば、会社の営業時間外でも即日融資ができますからメリットは更に大きくなるでしょう。

また、消費者金融側も事務の効率化につながりますから、このような方法で審査手続を省略できることは悪い話ではありません。

契約者と消費者金融の両者が在籍確認の電話を省略することによるメリットがあるのです。