在籍確認は派遣先?派遣元?どっちに電話がくるの?

在籍確認を省略する申込方法を提示する消費者金融が増えています。

以前からモビットは「WEB完結」で実現していますし、プロミスでも同様の申込方法を準備しています。

しかし、必要があればこれらの場合であっても在籍確認の電話がある場合があります。

収入に確実性がなかったり、転職直後や新入社員だったりする場合は、その可能性が高まります。

とはいえ、その可能性が高いであろう派遣社員の方は在籍確認をするにあたり問題点が生じます。

派遣社員の方は派遣会社の従業員ですが、派遣会社で働いているわけではありません。派遣先で働いており、派遣会社に行くことはほとんどありません。

では、在籍確認の電話はどうすればいいのでしょうか。

本人が働いていることを確認するのであれば「派遣先」に電話をすることが必要でしょうし、本人に収入があることを確認するのであれば「派遣会社」に電話をすることになるでしょう。

しかし、派遣会社に電話をしても意味がありません。

ただ、在籍確認の目的は働いていることの確認というより、給料をもらえることの確認ですから、派遣先に電話をしても意味がないと考えているケースもあります。

金融機関によってもどちらに電話をするかは対応が分かれているようですが、多くの金融機関は派遣先に電話をしています。

派遣先の仕事をしているのであれば、派遣元から派遣されているだろうし、それならば給料が出ているはずだと判断しているのです。

いくら収入の確実性を確認したいとはいえ、本人がいないことがわかっている派遣会社に電話をしても意味がなく、派遣会社の担当者と通謀されていたら騙されるのは消費者金融側です。

そして、何か問題が起きても派遣会社には一切責任はないのです。