学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法というと、何か難しそうに思えますが、実はさほど難しいものではありません

古くから、学生相手の消費者金融が高田馬場あたりには多くありますし、その中にはネット経由で全国進出を果たしている場合もあります。

ただし、消費者金融の場合は、総量規制の影響でアルバイト収入がある人に限定されます。言い方を変えれば、アルバイト収入があれば学生がお金を借りることは、社会人がお金を借りることと変わりないといえます。

もっとも、プロミスなどの大手消費者金融に限らず、ほとんどの消費者金融は20歳未満の学生に対しては融資をしません。学生相手の消費者金融の中には、大学生に限って融資をしている例がありますが、親の承諾書を要求しています。

つまり、20歳以上で収入がある程度あれば、学生がお金を借りることは難しくありません。

学生のほとんどは、親の扶養家族になっている関係上、年収100万を下回ることを要求されているでしょうから、総量規制である年収の3分の1という基準からすると、30万円程度の融資限度額に限定されます。

これは、銀行カードローンに申し込みをしても同じ結果でしょう。

アルバイトであることや、年齢が若いことで審査では不利になると思われるからです。

では、収入がない学生の場合はどうでしょうか。

銀行の中には、専業主婦に対して貸し付けをしている例が少なからずあります。旦那さんの収入をあてにしているためです。銀行の中には、親の収入をあてにして学生に対して貸付をしているケースがあります。

もっとも、学生なのでアルバイト収入があるとはいえ、その収入が持続するかと言われれば不安定要素が多いです。審査では不利になる可能性が高いと考えたほうがいいでしょう。