職場にバレずに借りれるカードローン

カードローンの申込で一番嫌がられるのが在籍確認の電話でしょう。
職場に消費者金融などから電話があるため、お金に困っているのかという目で見られます。
お金に困っている人は危ないと考えている人も少なくないようで、そのような人を避けるようにする人もいるようです。
消費者金融は必ずしもお金に困った人が申し込むわけではなく、緊急の支出に備えて申込をしたり、ちょっとした資金不足を分割払いで返済しようとしたりする人も申込をするのです。
しかし、そのようなトラブルを防ぐための方法がないわけではありません。
カードローンを在籍確認の電話なしで審査を通す方法として、健康保険証や社員証などで職場に在籍していることを確認してもらうのです。
在籍確認の目的は、職場に電話をすることではなく、申込者が申込書に書かれた職場に在籍していることを確認できればいいのです。
もちろん職場に電話をして、本人が電話口に出れば確実に在籍していると言えるでしょう。
しかし、他の方法でも代用できるのです。
大手消費者金融のプロミスやモビットでは、申込方法として在籍確認の電話をしない方法を準備しています。同じく大手のアコムでも在籍確認の電話を職場にしないで欲しいと依頼すれば応じてくれることが多いようです。
在籍確認の電話をしなくても健康保険証などで在籍の事実を確認する消費者金融は次第に増えています。
しかし、その場合も職場の在籍期間が長かったり、信用情報で支払遅延が少なかったりするといった、ある程度信用があることが前提です。
そのような信用がない人の場合は、プロミス等でも在籍確認の電話をしているようです。
もっとも、その場合でもプロミスの名前を名乗って電話をすることはないのでご安心ください。